>

年代に沿ったファッションこそ印象を上げる

年相応のファッションとは

年齢に見合ったファッションを心がけることも大切です。年相応のファッションは、その人の品格も上げることがあります。例えば人は年齢を重ねると、体型に変化が生じます。例え毎日トレーニングしても、加齢によって変化することは避けられないもの。
そのためパンツのウエスト部分にタックを加えて、パンツをはきやすく加工されたものを使用することで、加齢で変化したとしても体型をスッキリと見せ、動きやすいパンツを選ぶことが可能となるのです。
しかしご自身の好みなどから、いつまでもノータックのパンツを愛用される方もおられます。体型に自信があるならまだしも、これといった理由もなく若い人に合わせて同様のスタイルのパンツを選んでいると、それこそ職場で浮いたファッションと見られてしまうこともあるのです。

若々しさもファッションには大切

加齢に見合ったスタイルだけではありません。若々しい印象を保つための努力も職場で浮かないファッションには大切です。例えば真っ白なブラウスやワイシャツは、清潔感はもちろん若々しい印象を与えるアイテムです。加えて白いアイテムは、襟や袖の汚れが目立つものでもあるため、マメに洗濯してキレイな印象を保つ努力が必要です。
こうした努力を続けることは、アイテムの白さを保つと同様に着用する人の若々しさをも付加する効果を持っています。
高価なアイテムでなくてもいいのです。清潔感と若々しさを保つためのケアを欠かさずファッションを楽しむことこそ、職場で浮かないファッション選びにつながるものです。
キレイに洗濯してアイロンをかける。こうした配慮があることが職場で浮かないファッションにつながると心得ましょう。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る