>

かしこまった環境にも対応可能に

襟があることの大切さ

襟を正す、胸襟を開くなど、襟は様々な表現に用いられるほど、重要なもの。とくにビジネスファッションでも襟という存在は大変重要です。
襟があると、首元がごわついて好きではないという方もおられるでしょう。ただし、社会において襟があるか否かは、キチンとしているか否かを判断する一つのポイントとなっています。襟の無いファッションは基本的にラフなものと受け取られます。社外の人と合う際には基本的に襟のあるファッションが礼儀とされているのが社会ルールです。
ご自身のポリシーや好みから襟を避けてきたという方もいるかもしれません。とはいえ、ご自身の意見だけが尊重されるものではありません。社会は個人の集合体であるため、自分の意見だけでなく社会全体のルールも加味して考慮する必要があるのです。

ルールをわきまえたうえでの個性を

どうしてもご自身のファッションポリシーを曲げたくないという方もおられるでしょう。しかしどうでしょう。あなたが交渉を任された社外の人が、奇抜なファッションで現れたとします。とても難航が予想される案件を何とかうまく進めたいと考えている中、相手が奇抜なファッションで現れたら、この交渉が上手くいく可能性が低いと思いませんか。個性は大切ですが、相手が自分を評価する上で個性は大きな影響を与えます。社会ルールに沿っていないファッションで交渉に現れる人を、多くの人は自分の個性ばかりを尊重する変わり者として見てしまう癖があるのです。
こうした強い個性を知らず知らずに盛り込んでしまうことでも職場で浮いてしまう可能性があります。まずは社会のルールに沿ったファッションとは何か、そしてその理由とはについて学んでみても良いかもしれません。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る