>

主張しすぎず群れに合わせすぎない

働く場所としての意識を演出

かつてのビジネスファッションといえば、スーツという印象を持たれる方もおられるでしょう。しかし時代が進化し、ビジネスファッションも進化した昨今では、単なるスーツだけでなくセットアップなど自分らしいアイデアを盛り込んだファッションも利用されるようになりました。
とはいえ、ファッションに精通していた人ならまだしも、ファッションに自信が無いという方には、自由なファッションでいいといわれても、職場で浮かないビジネスファッションとはどんなものか見えてこないという方もおられるでしょう。
職場で浮かないビジネスファッションとして、まず働く場所に出るという意識が必要。年齢も違う、環境も違う人達と肩を並べ、足並みをそろえて仕事をするのに浮かない服装が大切です。

TPOを意識したファッション選び

例えば、コットン100パーセントのブラウスは、保温性に優れています。しかしキチンと感を演出するには素材として不十分です。アイロンを掛ければパリッとした印象を出せると思いがちですが、そもそもの素材は柔らかさを印象付けるもの。職場でキチンとした場に出る際にはコットンでは物足りません。また動きやすさを重要視したスエット記事やジャージ素材も不向きです。
何でもいい、自由な服装とされていても、社外の人とコンタクトを取り、会議を催す可能性がある場合には、そのファッションが社外の人の目に留まる可能性もあることを考慮して選ぶのがオススメです。
どのタイミングでも社外の人と面接しても、会社の顔として恥ずかしくないファッション選びこそ職場で浮かないファッションといえます。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る