職場で浮かないためのビジネスカジュアルファション

ビジネスファッションを楽しむために

主張しすぎず群れに合わせすぎない

ビジネスファッションを選ぶ際に大切なこと、それはご自身が会社の顔として社外の人に面接する機会を想定したファッション選びです。職場内だけで働くだけでなく、通勤や会議の際などでも社外の人に合うこともあり得ます。そんなファッション選びの重要性についてご紹介します。

ビジネスファッションに一番大切なものとは

誰しも憧れるのは、職場でキラキラと輝く仕事に意欲を持った自分。そんな自分が素敵なファッションで仕事をしているということではないでしょうか。確かに毎日キラキラと素敵なファッションを身にまとい、仕事ができるのなら楽しいことでしょう。
とはいえ、現実はそうはいきません。
職場に着ていくファッションに朝から悩み、これでは悪目立ちしてしまうのではないか、地味ではないかと頭を悩ませ、結局昨日とあまり変わらないファッションで出勤してしまう。しかも出勤したものの、周囲の同僚は自分よりも素敵な華やかなファッションで、先輩や上司から褒められている姿を目にすると、なんだか悔しさも芽生えるもの。
どんなファッションがいいのか、ファッション雑誌で勉強しようにも、ファッション雑誌のモデルたちはいつもキラキラしていて、今の自分の環境に当てはまるように思えない。同じファッションをすれば似合わないのではないかと自虐的にとらえてしまう。そんなファッション迷子の社会人は多く存在するものです。
しかし心配することはありません。会社でキラキラとしたファッションをしている先輩も、上司も、かつては様々なファッションで苦労を経験して今の自分達を形成しています。失敗を恐れず、そこから経験して学ぶことを続けた結果がキラキラとした今の彼らなのです。
ご自身がこれから職場で浮かないため、また素敵な社会人としてビジネスファッション感覚を成長させるためには、いくつかのポイントがあります。洋服選びの前にまずはそのポイントについて学んでみましょう。

かしこまった環境にも対応可能に

かしこまった席、例えば会議や交渉の場にも相応しいファッション。こうしたファッションは職場で浮くことがありません。しかし相応しいファッションとはどんなものか、むしろ逆にそぐわないファッションとその原因を知ることで見えてくるものもあるかも知れません。

年代に沿ったファッションこそ印象を上げる

年齢に見合ったスタイルを選ぶことも職場で浮かないファッション選びに欠かせません。もちろん年齢を感じさせないファッション選びも大切です。しかし年齢を感じさせない努力と、自分の今を見つめないのでは、視点が違うのです。その違いとファッション選びについてご紹介します。

▲ TOPへ戻る